【深爪治す】爪を伸ばすオイルランキング@口コミおすすめは?

深爪治したい!爪を綺麗に伸ばすには?

爪のケアは、女性にとって必須ケアですよね。でも、なかなか綺麗にならなかったり上手くいかない、なんていう人も多いのではないでしょうか。

 

爪を綺麗にするためには、どのようなケアが必要なのでしょうか。爪を綺麗に伸ばすポイントや深爪を治すポイントなど、まとめてみました。

 

爪のケラチンを多くする

 

爪が綺麗に伸ばしたり深爪を改善するためには、爪の成分ケラチンを多く取り入れることが大事となります。

 

ケラチンというのは、たんぱく質です。たんぱく質を多く摂取すると、爪の主成分を多くすることでスラリと綺麗な爪とすることができます。

 

たんぱく質を多く摂取すると爪が割れにくくなるので、長くて綺麗な爪を作ることに繋げることができるのです。

 

また、爪が上部になることで爪を伸ばした状態をキープできるので、深爪を改善させていくことができます。肉や魚、たまご、大豆製品はたんぱく質が豊富に含まれているので、タップリ摂取すると良いですよ。

 

自爪を補強するネイルケアを使う

 

マニキュアのような自爪を補強するネイル製品があり、それを付けることで爪の強度を上げることができます。

 

弱い爪の人や薄い爪の人でも、長くて綺麗な爪にすることができます。また、爪の強度を上げて強くすることで伸びやすくなるので、ネイルヘッドが伸びてきて深爪の状態を改善させることができます。

 

クリームなどで保湿をする

 

爪も皮膚なので、乾燥させては綺麗な状態にはなりません。爪が乾燥してしまうことで爪が割れてしまい、長くて綺麗な爪にはならず深爪も改善しません。

 

爪を保湿することで爪が強くなって割れにくくなることで、爪の成長を促して長くて綺麗な深爪にならない爪にすることができます。爪の保湿方法は、ハンドクリームでもボディクリームでもOKです。

 

爪を伸ばすオイルの種類や効果は?

 

爪を綺麗に伸ばすには、オイルでのケアが高い効果を発揮します。しかし、ネイルオイルは色んな種類があるので、どれがいいのかわからないという人もいると思います。

 

爪を伸ばすオイルには、どのような種類や効果があるのでしょうか。爪を伸ばすオイルの種類や効果を、まとめてみました。

 

ホホバオイル

 

ホホバオイルは、90%がワックスエステルという成分で出来ているオイルです。ワックスエステルという成分は、私達人間の皮脂の主成分と同じ成分です。

 

そのため、私達人間になじみやすく、爪はもちろん爪まわりの皮膚にも効果的に浸透してくれます。ビタミンEが豊富であり、豊富な栄養素を爪に与えてくれます。ツヤと弾力ある健康的な、爪へとみちびいてくれます。

 

アボガドオイル

 

アボガドオイルに含まれている脂質には、豊富な保湿効果があります。爪も肌と同じで、保湿が少ないと爪トラブルが起きやすくなってしまいます。

 

保湿効果により強い爪へとみちびき、もろくなってしまった爪の回復効果を発揮します。また、つや出し効果も発揮するので、ピカピカで綺麗な爪へとみちびいてくれます。

 

マカダミアナッツ

 

マカダミアナッツは、脂質やたんぱく質が非常に豊富に含まれており、爪に豊富な栄養を与えることができます。

 

私達人間の脂質を似ているので、浸透力が高いのも大きな魅力です。栄養豊富なので爪が強くなり、長くて綺麗な爪を作ることができます。頑丈で爪が伸びやすくなるので、深爪改善効果も発揮してくれます。

 

爪を伸ばすオイルはどれくらい続ければいい?

 

爪を伸ばすオイルは魅力的ですが、どれ位使い続ければ効果が出るのか気になりますよね。爪を伸ばすオイルは、使い方によって効果の出方が変わります。爪を伸ばすオイルの使い方など、ポイントをまとめてみました。

 

爪を伸ばすオイルの正しい使い方

 

爪を効果的に伸ばすためには、ネイルオイルの正しい使い方が重要となります。ネイルオイルの塗り方を、ご紹介していきます。

 

@甘皮に沿ってネイルオイルをのせます。

 

Aオイルを乗せたら、指の腹でグルグルとマッサージします。甘皮の部分も、しっかりなじませるようにしましょう。

 

B爪の左右部分にもネイルオイルをなじませます。

 

ネイルオイルを塗るタイミング

 

ネイルオイルを塗るタイミングは、手が綺麗な状態の時や乾燥が気になった時に使うことがオススメです。

 

1番は、指先が乾燥しているタイミングです。寝ている時も水分が少なくなってしまうので、爪は乾燥してしまいます。指先の乾燥が気になる、寝る前が1番効果的でオススメといえます。

 

寝る前にネイルオイルを使ってお手入れすると、効果的なネイルケアにすることができますよ。また、ネイルオイルは手が清潔な状態が浸透力が高いので、手肌がすっぴん状態の時に使うようにしましょう。ハンドクリームなどが手肌に付いている場合は、綺麗に洗い落としてから付けるようにしましょう。

 

塗る頻度

 

塗る頻度は、ネイルケアもスキンケアと考え方は同じとなります。そのため、1日1回の頻度で使うことが理想となります。冬など乾燥が気になる時期は、1日数回使うことで保湿効果を高めることができます。

 

さらに爪に良い栄養を摂る

 

ネイルケアをするために欠かせないのが、栄養素です。食べ物で摂取する栄養素によって、より一層のネイルケアを高めることができます。

 

美容的なネイルケアも必須ですが、食べ物からネイルケアもしてもませんか。ネイルケアに欠かせない3つの栄養素を、詳しくご紹介していきます。

 

シリカ

 

シリカとは、海の中や土の中に含まれているミネラル成分です。爪にとって必要なミネラルであり、丈夫な爪を作るための大事な成分です。

 

爪がもろくなっているのはコラーゲンの働きの低下が原因であり、その働きをサポートするのがシリカです。シリカを積極的に摂取するためには、シリカ水を飲むことが1番摂取しやすいです。

 

シリカ水はシリカの含有量が多い水であり、ミネラルウォーターの代わりに飲むことで手軽にシリカを摂取することができます。

 

ケラチン

 

爪はケラチンというたんぱく質で構成されており、ケラチンを多く摂取することで爪を丈夫にすることができます。

 

ケラチンはたんぱく質に多く含まれており、大豆製品や鶏肉、卵に多く含まれています。ケラチンを合成させるためには亜鉛や鉄分も必須成分なので、それらも一緒に摂取することが必要となります。

 

ビオチン

 

ビオチンには、爪を強くする働きがあります。細胞の合成をうながす効果があり、アミノ酸の代謝を助けることでたんぱく質を多くさせる効果を発揮してくれます。

 

競走馬の馬にも、ひづめを丈夫にするために使われています。今、ネイル業界で注目されている、美爪には欠かせない成分なのです。